恋愛・婚活

【彼女いない歴=年齢】彼女ができない30代【最後の切札は諦めること】だった

彼女いない歴=年齢】彼女ができない30代【最後の切札は諦めること】だった


どうも、ちゃぴ(@chappilog )です。


今までに彼女ができたことがない30代男性は世の中にどのくらいいるでしょうか?

30を超えると絶望してきますよね。
「もう一生彼女はできないんじゃないか。」
「彼女すら居たことないのに結婚なんてムリゲー」
「とはいえ出来ることなら人生で一度くらい女性とお付き合いしてみたい」

そんな声に答えていきます。

ーー・--ーー・--ーー・--ーー・--ーー・--ーー・

今回の記事は、彼女いない歴34年だった僕が彼女を作った方法【体験談】を伝えます。

現在は、銀座在住の彼女とお付き合いしています。
彼女と付き合う前に多数の女性から食事の誘いがくるようにもなりました。

先に言っておきますが、当たり前ですが僕は容姿はよくありません。めちゃくちゃ不細工でもないです。

とはいえ身長は160ないですし、おまけにハゲかけてるので、トータル確実に平均値以下ですね。

一言でいうなら「ちんちくりん」という言葉が一番当てはまるかと思います。

そんな僕でも彼女ができた体験談を綴ります。


正直これは過去の僕に向けて書いてます。

過去の僕はとても悩んでいましたし、過去の僕が実践できていればもっと早く彼女ができたんじゃないか?と思うからです。

もちろんモテてる人は読むメリットないです。


彼女いない歴=年齢】彼女ができない30代【最後の切札は諦めること】だった

彼女いない歴=年齢】彼女ができない30代【最後の切札は諦めること】だった


彼女を作るには「彼女を作ることを諦める」ことです。


目的と逆行しているように思うかもしれませんが事実です。

彼女ができないことを受け入れて諦める

まず、彼女ができない人は「彼女がほしいな」と思いますよね。当たり前のことです。

でもモテない人が好みの女性と相対するとどうなるか?

”舞い上がります”そして”緊張します”。

そして普段の自分ではない自分になります

すると会話の中で余計な発言をしてしまうんです。モテないフラグを自分で立ててしまってるんですね。

なので、そんな人はまず、「彼女が欲しいというマインド」を捨ててください。ただ捨てるのではなく「完全に断ち切って」ください。

彼女がほしいという想いを「完全に諦める」ということです。

とにかくあっけらかんとしてください。というか、「彼女できるかな、できないかな」と思う概念自体を消すんです。それが「完全に諦める」ということです。

彼女いないの?→「いないよ、普通っしょ。」 
彼女作らないの?→「いや、作らないんじゃなくてできないのよ、普通っしょ」でいいです。

女性と会ったとき、かわいいなとか、きれいだな、とか思わなくなってたらマインド完成です。

何度も言いますが、彼女はできないと諦めましょう
ここが最重要項目といってもいいくらいです。これができれば後は結果がついてきます。

注意)「俺はだめなんだ。俺なんか無理なんだ」と自暴自棄になってくださいということではありません。ありませんが、なったらなったでチャンスと思いましょう。

実際ぼくは20代前半のころは女性をデートに誘ったりしてました。でも断られます。断られなくても当日ドタキャンです。デートすらしてもらえない。

その結果
  「自分なんかに彼女できるわけない」 
→ 「彼女作るのムリゲー」 
→ 「自分はだめな人間で魅力ない」 
→ 「奮起して女性と話す」 
→ 「デートに誘う」 
→ 「断られる」 
→ 「彼女できない」 
→ 「ムリゲー」

この魔の無限ループによって諦めの境地、すなわち彼女作るのを完全に諦めたんです。

自暴自棄に必ずしもなる必要はありませんが、なったらなったで諦めのマインドを手に入れるチャンスと思いましょう。

ある意味あきらめとは、彼女ができない自分を受け入れることなんです。


彼女を作ることを諦めるマインドができたときの超メリット


メリット①

彼女を作ることを諦めることができたら、普段の自分でいられます。これがすごく大事。

女性と会っても緊張しなくなります。舞い上がって余計な会話をすることも、背伸びした会話で取り繕うこともなくなります。

メリット②
余裕が生まれます。正確には余裕があるように見える。です。

正直、「この人余裕があるな」と思われる必要はないです。
要するに「この人余裕がないな」と思われなければいいんです。

余裕がない男=審査落ち、みたいな感覚ってないですか?もう異性として見られてないなって感覚。

僕は何回もありました。というか何回も言われましたね。「異性として見れない。」

これも彼女作るのをあきらめたら全く言われなくなりました。

諦めたときのメリット
・緊張せず、普段の自分でいられる
・余裕があるようにみえる

 

彼女を作ることを諦めるマインドができたときの効果【体験談】

具体的に起きた変化です。

女性から食事のお誘いがくるようになった。
女性から直接「ごはん行きましょう」と言われるようになりました。うれしかったですね。

自分の気持ちに余裕が生まれて、女性からも余裕があるように見えたら逆に誘われるようになりました。

いくら誘っても断られてた側から誘われる側になります。
これは断言できます。
彼女を作るのを諦めたら誘われる男になる。

ここ注意してください。うれしくなって「いきましょう!いつがいいですか?予定どうですか?」とがっついちゃだめです。

諦めのマインドを手に入れたあなたならがっつかないはずです。なぜなら諦めているから

なぜがっついちゃいけないかというと、社交辞令で言ってる場合があるからです。あとは、がっつくと余裕がなくなるからです。

とはいえ嫌な人に対して社交辞令でもごはん行きましょうとは言いませんよね。

なので1回目は、「あーいいですね、行きましょう」と一言かえすくらいでいいです。再度誘われたら具体的にお店や日にちを決めていってもいいでしょう。

諦めたときの効果
・女性から食事に誘われるようになる
注意)誘われてもすぐにいかない

 

恋愛マニュアルを勉強したほうがよくないですか?


恋愛マニュアルを読んで彼女ができればとても素晴らしいことだと思います。諦める必要なんてないですからね、それができたらベストだと思います。ただ試した上で彼女ができなかったという人もいるはず。

僕の場合、「彼女ができない人にやってほしい10のチェック項目」とか、「諦めるにはまだ早い○○すれば彼女ができる」、といったこうすればうまくいくという恋愛マニュアル的な書籍を何冊も読み漁りました。

そして気づいたら30歳をとっくに超えていたんです。

よくある恋愛マニュアルで、こういった場面ではこうしようとか、この会話の途中でこんな言葉をかけると女性は好印象を持ちますとか、細かい手ほどきが書かれていますが、実際その場面になったらそんな本の内容が瞬時に出てきますか?

たとえ覚えていても行動したり発言したりしてるのは「モテない」ままのマインドをもった自分なんですよ!?

僕も、全部覚えて実践するのはハードすぎると思い、これとこれは使えそうだと思ったものを覚えて何回かに分けて実践してみましたが、「モテない」ままの僕が言っても効果ないんですよ。

だからさきほどの魔のループに陥っていたわけです。

なので、恋愛マニュアルでうまくいったら万々歳、うまくいかなかったら一度「諦めてみよう」です。

・恋愛マニュアルは一度ためしてもいい
・だめだったら彼女できないと諦める

 

30代まで一度も彼女ができない僕が彼女作った方法

30代まで一度も彼女ができない僕が彼女作った方法

諦めのマインドで女性に誘われてデートにいったら
あとは2つの手順でOKです。

・告白はしない
・手をつなぐ

この2つを実行できれば彼女ゲットにグッと近づくはずです。

告白はしない
告白ってタイミング間違えると死亡フラグです。
僕も一度も二人で遊んだことないのに玉砕覚悟でいったら見事死亡しました。
告白するとしても仲良くいい感じになってから、最後の最後にお付き合いするのを確認する感じでしましょう。

手をつなぐ
「手つないでもいいですか?」と言って手を繋ぎましょう。
シンプルにこれだけで大分効果ありです。

ここまで来ると最初の「彼女できないと諦める」がいかに重要かわかると思います。

諦める → 女性を変に意識しなくなり自然体の自分になる → 余裕ができて女性から声を掛けられるようになる → ご飯(デート)にいく


常にこちらが有利に状況が進んでいくので、最初の「諦める」がとても大事なんです。

諦めのマインドを完璧に手に入れたら、次は自分から行動してみましょう。

合コンや街コン、婚活アプリで出会いを求めてもいいかもしれません。

なぜならあなたはもう今までのあなたとは違うあなたになってるからです。

なぜか最後、宗教っぽくなってしまいましたが(笑)
以上が、ずーーーっと彼女できない僕が彼女できた方法(諦めのマインド)です。

ここまで読んでくれてありがとうございました。


ABOUT ME
chappi
AGA治療歴7年。薄毛治療歴20年。毛量のピークは12才でそこから髪の量は順調に下降していきました。20年で培ってきた育毛の知識を元に「育毛の教科書」を作成中。 薄毛に悩む人に髪の毛が生える希望を与えたいです。ずっと彼女いなかったけど、育毛して彼女ができた。人の目を気にせず外に出れるようになった。 質問があれば直接ご連絡ください。できる限り真摯にお答えしたいと思います。